ホーム  >  インフォメーション  >  おすすめ情報(H30.4.1)
おすすめ情報(H30.4.1)
top-title-nagaiarasaki.gif  荒崎海岸なんやの浜のハマダイコン 
hamadaikon_nanyanohama.jpg ハマダイコンの花が満開となり海辺のあちこちが薄紫色に 
染まります。小さな花をよく見ると、白から赤紫のグラデー
ションが意外なほど艶やかです。
漁港ではヒジキ漁が最盛期、大釜で茹でたヒジキを広げて
干す光景が、春の風物詩となっています。
富士山頂に夕日が沈むダイヤモンド富士が、好天なら見る
ことができます。
猿島フィールド 今日も見える?
inosakidaiba.jpg 天気は晴れても空気が霞むというか、白っぽくなって見えなく
なったり、空も青空というより薄曇りのように霞む日って
ありますね。  
亥の崎(*)から東京湾の奥にスカイツリーやアクアラインは
見えるでしょうか。 

*「亥の崎台場」のこと。日蓮洞窟の上に位置する。
大楠・西海岸フィールド 青い宝石
kawasemi_ogusu.jpg 大楠山登山道の入口にある『芦名堰』は、当会が環境の里親になって管理している場所です。ここで「青い宝石」や「翡翠」の名を持つカワセミをよく見かけます。
春の訪れとともに繁殖期に入る野鳥たちは、巣作りや子育てに忙しくなります。特に水辺が好きなカワセミが餌を求めて頻繁に堰にやって来るのもこの時期です。
春めいてきた『芦名堰』でしばらくじっと待っていたら、美しい青い羽のカワセミに出会えるかもしれません。

 
観音崎フィールド ウラシマソウが花盛りです!
egonoki_kanonzaki.JPG 新緑の美しい観音崎のあちこちで、奇妙な形をしたウラシマソウの花が盛りです。
木々に咲いている花を見て、ウグイスの鳴き声を聞きながら、観音崎を散歩しませんか。
詳しくは下記をご覧ください
 1 ウラシマソウ(外部サイト)  2  見頃の植物(外部サイト)
 3 ウグイス(外部サイト)
*左の写真はエゴノキの花(4月下旬から6月ころまで見ることができます)