ホーム  >  インフォメーション  >  おすすめ情報(H31.1.1)
おすすめ情報(H31.1.1)
top-title-kannonzakii.gif 観音崎のヤブツバキ・スイセン
yabutubaki_kanonzaki.JPG 気候温暖な観音崎では、ヤブツバキやスイセンが見頃を迎えました。花の少ない季節の中で、ヤブツバキは園内の色々な場所で見られ、スイセンも自然博物館周辺で見ることができます。ヤブツバキには花の蜜を吸いにメジロやヒヨドリも頻繁に訪れています。
 
top-title-nagaiarasaki.gif 冬の魅力
fuzisan_soleil.jpg 富士山がきれいに見える場所はたくさんありますが、ソレイユの丘で観覧車から見る富士山は格別です。高い所から見下ろす相模湾の奥行き。亀城根(かめぎね)灯台も意外なほど近く感じます。ポイントに留まる漁船。季節風を帆に受けてヨットが気持ちよさそうにセーリング。穏やかな海の向こうで遥かな高みから、人の営みを見守っているような富士山。長井・荒崎フィールド冬の魅力です。
猿島フィールド アオキの実
aoki_sarushima.JPG 19世紀半ばのヨーロッパでは、雌株しかなく、赤い実をつけるアオキは多くのヨーロッパの人たちにとっては、渇望された植物であった。日本が、開国をするや否や早速、横浜の農家で採取された雄株がイギリスへ運ばれ、初めて赤い実をつけた。猿島では、いたるところにあるアオキだが、かつてヨーロッパの人たちが熱い眼差しで求めていたことを思うと、大切にしなければという気になる。
大楠・西海岸フィールド 野鳥観察
kanmurikaituburi_okusu.jpg
冬の西地域の海では「カンムリカイツブリ」というエレガントな姿の鳥を見かけることがあります。30秒近く潜れる潜水上手な鳥です。夏は涼しいところで過ごし、冬になると暖かいところに移動する渡り鳥です。ウミウも餌探しに潜ったり羽を広げて日光浴をしたりしています。冬ならでは出会える鳥たちに会いにいらっしゃいませんか。