ホーム  >  インフォメーション  >  おすすめ情報(R2.3.1)
おすすめ情報(R2.3.1)
猿島フィールド 浦島太郎…?
urashimasou_sarushima.PNG 3月に入ると、静かな島内にウグイスの鳴き声が響き始めます。そして、ヤブツバキ、キブシ、カジイチゴ等の花が樹木に彩を添えます。道端には、アシタバ、ハマウド、ヨモギなどの若葉、そしてタンポポの黄花やハナニラの白花が春を演出します。
また、苞葉(ほうよう)の一部が「浦島太郎が釣り糸を垂らしている姿」に見立てられるウラシマソウが各所に見られ、訪れる人を楽しませてくれます。
大楠・西海岸フィールド 子安の里の春
koyasu.jpg 今、子安の里は花に包まれています。真っ赤なヤブツバキや梅の花の名残を楽しみながら、早咲きのサクラの花や桃の花まで一緒に眺めることができます。足元のホトケノザなどの野の花の中にツクシまで顔を出していて、里のみち歩きを楽しくさせています。
ウグイスの鳴き声も「地鳴き」から「ホーホケキョ」のさえずりに変わりました。
のどかな里の春の味わいです。
top-title-kannonzakii.gif フウトウカズラの実
futokazura-kanonzaki_IMG_2763.JPG 観音崎公園を歩くとフウトウカズラの実を見ることができます。樹木や石垣・岩盤に張りついてよじ登り垂れ下がっています。雌雄異株で赤い実は雌株に付きます。
コショウの仲間なので葉をもんだり実をつぶしてにおいをかぐと、コショウの香りがしてくるかも知れません。
公園内では3月頃まで見られます。
top-title-nagaiarasaki.gif 「知らざぁ言ってきかせやしょう」
03-bentenjima4-500-a.jpg お馴染みの白波五人男、弁天小僧が変装を解いて正体を現す物騒な決め台詞ですが、こちらは荒崎海岸の穏やかな弁天島。
荒崎公園駐車場から真っ直ぐ奥に向かい、切通しを抜けると広がる海岸の左手に見えてきます。四季折々、朝夕、潮の干満によって装いを変えるその姿。とくと御覧あれ。