ホーム  >  インフォメーション  >  おすすめ情報(R2.11.1)
おすすめ情報(R2.11.1)
猿島フィールド 猿島上空の満月
sarushima_mangetsu.jpg

ある年の11月中旬。猿島のガイドが終わり、最終便に乗船しました。秋の日はつるべ落とし、すでに船の周辺は薄暗くなっています。
出航後、「わぁ~綺麗」と若い女性の声。猿島の上空に綺麗な満月が見え、しかも海面に月の光が反射しています。
日没後、約20分間の「トワイライトタイム」は空が薄いブルーに染まり、夜景が綺麗です。

大楠・西海岸フィールド 冬の日没
ogusu_nichibotu.jpg

大楠地域の海岸から眺める冬の日没は絶品です。佐島の天神島から、秋谷の立石を含む海岸から、久留和の磯から...。いずれの場所からでも眺められる晩秋の落日は、富士山と箱根連山をシルエットに残し空を茜色に染め、まさに「大落暉(だいらっき)」と言えるでしょう。
今年度は残念ながら、地域の歴史探訪とこの日没を組み合わせた恒例の「サンセットツアー」は中止になりましたが、次回を楽しみにしていてください!
昨年のサンセットツアーの様子(外部サイト)

top-title-kannonzakii.gif 万葉集でも詠まれたオケラの花
kannonzaki_okera.jpg

万葉集では、オケラの花を「うけらの花」と呼んでいました。
山でうまいものは、ウケラにトトキ(ツリガネニンジン)と言われ、両方とも山菜で当時は新芽を食べていました。オケラの花は地味であまり目立ちませんが、根は胃腸などにも効く漢方薬としても知られていました。
山地の乾いたところに自生するキク科の多年草で10~11月頃にアザミのような白か紅の花が咲きます。

top-title-nagaiarasaki.gif 荒崎海岸からの眺望
arasaki_minamialps.jpgのサムネイル画像

秋晴れの朝には関節の富士山がきれいに見える季節。富士山から右に稜線を辿っていくと、白い頂が見えます。南アルプス白峰三山の峰々です。富士山山頂までの距離は約80kmですが、北岳までは約140kmもあります。
相模湾から打ち寄せる波の向こうに、日本一高い富士山と二番目に高い北岳をいっぺんに望めるのも、荒崎海岸の魅力ですね。